テニスのすすめ

お問合せ
 
 

プロテニスについて知る

男子と女子で運営団体が異なります。

男子はATP(男子プロテニス協会)が女子はWTA(女子テニス協会)が世界中を転戦して行われるプロテニスの大会を運営している。ちなみに四大大会といわれるグランドスラムとランキングの低い選手が出場する下部ツアーといわれる大会はITF(国際テニス連盟)が運営している。

ATPツアーについて知る

ATPツアーは右図のようなグランドスラムを頂点とするピラミッド構造になっており、大会に出場し、勝利することで世界ランキングを決めるATPポイントが獲得できる。ATPポイントは最下層のフューチャーズと呼ばれるトーナメントで1回勝つことで初めて1P獲得することができ、世界ランキングを得ることができる。

ATPランキングは過去52週に参加した大会のうち18大会のポイントを合計して計算します。計算に用いる大会に関してはトッププレイヤーだとグランドスラムの4大会 + MASTERS1000、ATP World tours Finals から8大会 + ATP500、ATP250、ATP Challenger、Futuers tournamentsから獲得ポイントの高い6大会の計18大会のポイントを合計して算出します。

ちなみにATPツアーの各トーナメントで獲得できるポイントは下記のようになっています。

そして下部ツアーと呼ばれるChallengerとFutuersは賞金総額により獲得ポイントが変わり、下記のようになっています。

上記のポイント表からグランドスラムに本戦出場できるランキング100位について考えてみます。

100位の目安となる獲得ポイントは約600pt。ポイントを加算できる18大会で600ptを割ると、1大会当たり約33ptを獲得しなければなりません。これは下部ツアーのチャンレジャー大会で常にSFに進出する必要があります。そう考えると世界ランク100位になるのがどれだけ大変かが分かりますね(^^;)

そこからATPツアーに定着するとなるとATP500やATP250の大会でQFやSFに毎年何度か残り、GSでは2回戦以上に進出る必要があるのかなと思います。う~ん考えれば考えるほど錦織圭の凄さを実感しますね。

ランキングはよくメディアでも報道されますが、その仕組みを理解するとより深くテニス観戦を楽しめるんじゃないかなと思います。

WTAツアーについて知る

WTAツアーもATP同様にグランドスラムを頂点とするピラミッド構造になっています。

女子のWTAツアーも男子同様に過去52週における出場大会から16大会を抽出し、獲得したポイントの合計によってランキングを算出しています。

下記が各トーナメントにおいて獲得できるポイント表です。

男子のATPと女子のWTAは団体としては別なので、ランキングポイントの計算も変わっています。グランドスラムに関しては男女ともにITFが管轄しているので、まだわかりやすいのですがなぜなんでしょうね?

女子に関してはグランドスラム本戦出場の目安となる100位はポイントでいうと約650pt。ランキングに加算される16大会で割ると1大会当たり約40pt獲得する必要があります。下部ツアーであるITF5万ドル以上の大会でSFに入る必要がありますね。

男子に比べランキング算出に使う大会数も少ないので、女子のほうが比較的ランキングを維持しやすく、上げやすくもあるのかなと思います。実際、ウィリアムズ姉妹が長く上位を維持している要因の一つにはなってるかなと。

グランドスラムとは

ITFが定めた4大大会の総称です。

下記、開催場所と時期、コートサーフェスです。

上記の大会はテニスにおいてそれぞれ最高峰のトーナメントとして位置づけられており、テニス選手にとっては五輪の金メダルよりも4大大会を制覇することのほうが重要視されています。

厳密には上記の4つの大会をすべて制覇することをグランドスラムと呼びます。とはいえ、日本の報道ではそれぞれの大会をグランドスラムと呼んでいるので、あまり呼称については気にしなくてもいいでしょう。

ちなみに4つの大会すべてを勝利し、正真正銘グランドスラムを達成した選手はシングルスに限定すると、男子は8人。女子は10人しかいません。ちなみにそのうち同一年ですべての大会を制覇する年間グランドスラムの達成者は男子2人の女子3人となっています。

ちなみに現在のATPツアーでは現役でキャリアグランドスラムの達成者が3名(R.フェデラー、R.ナダル、N.ジョコビッチ)もおり、加え得て2016年の全米OPの勝利で、S.ワウリンカもキャリアグランドスラムに王手をかけるなど、多くの選手にとって歴史に名を残すような選手に勝利しない限り4大大会のタイトルを勝ち取ることができない状況にあり、非常に厳しい環境となっています。とはいえ、そのことがATPツアーの発展にもつながっており、テニスファンにとっては幸運時代といえるのではないでしょうか。